このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. 株主・投資家の皆様 >
  3. 富士通の経営方針 >
  4. 事業等のリスク(12. セキュリティに関するリスク)

事業等のリスク

(12)セキュリティに関するリスク

(12)-1 情報セキュリティに関するリスク

お客様、お取引先、又は当社グループの機密情報や個人情報の保護については、社内規定の制定、従業員への教育、情報インフラの整備、業務委託先も含めた指導等の対策を実施しておりますが、情報漏洩を完全に防げるとは限りません。万が一、情報漏洩が起きた場合、当社グループの信用は低下し、お客様の情報を漏洩した場合には、法的責任が発生するおそれがあります。

(12)-2 サイバーセキュリティに関するリスク

当社グループの重要な事業活動基盤の一つである社内ネットワークにつきましては、安定した運用を行うための万全の体制を構築し、セキュリティ対策を実施しておりますが、コンピュータウイルスの侵入や不正アクセス等のサイバー攻撃による社内ネットワークやシステムの運用停止や情報漏洩等を完全に防げるとは限りません。その結果、当社グループの事業に影響を及ぼす可能性があります。

(12)-3 物理セキュリティに関するリスク

当社グループは、保有又は賃借している事業所等において、セキュリティゲート、ドア、カメラ等による入退室の制限と管理により、重要情報の漏洩の防止対策等を図っておりますが、物理的な破壊による業務停止や情報漏洩等を完全に防げるとは限りません。