このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. 株主・投資家の皆様 >
  3. 磁気ディスク装置の不具合に関する訴訟の和解について

2005年5月2日
富士通株式会社

磁気ディスク装置の不具合に関する訴訟の和解について

当社は、2001年に発生しました磁気ディスク装置の不具合に関して、米国カリフォルニア州地方裁判所にてCirrus Logic Inc.、Amkor Technology Inc.、住友ベークライト株式会社およびSumitomo Plastics America, Inc.を提訴していましたが、このたび、和解に関する基本合意が成立したので、お知らせします。

なお、本和解による当社損益への影響は、連結、単独とも特別利益で約146.8Mドル(約154億円)となる予定です。当期の業績予想については、第1四半期の状況等も考慮の上、検討します。

以上


当件に関する問い合わせ先

広報IR室 塩月、小池
電話:03-6252-2173(直通)
お問合せフォーム:http://pr.fujitsu.com/jp/ir/question.html