このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 食品製造業向け「GLOVIA smart FoodCORE」の生産管理機能を強化

PRESS RELEASE (サービス)

2017年3月14日
富士通株式会社
株式会社富士通マーケティング

食品製造業向け「GLOVIA smart FoodCORE」の生産管理機能を強化

水産加工業・製粉業における食品ロスの削減に貢献

富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下 富士通)は、食品製造業の生産管理や販売管理を支援する「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart FoodCORE(フードコア)」 (以下、「GLOVIA smart FoodCORE」)の機能を強化し、食品業特有の業務に対応可能なソリューションとして、同社および株式会社富士通マーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤田正美、以下 富士通マーケティング)から、3月14日より販売開始します。

「GLOVIA smart FoodCORE」は、生産管理、在庫管理、発注管理、販売管理において300以上の機能を備えており、食品製造業に必要となる業務をカバーします。

今回は、生産管理機能を中心に強化しており、日別・製品別の歩留まりの確認や最適な原材料の発注計画を可能とすることで、お客様の食品ロスのさらなる削減を実現します。また、食品製造業特有の業務に対応した機能として、惣菜や生菓子などを扱う日配業向けに、出荷時間に応じた生産計画や実績を管理できる出荷便対応機能、一つの食材から複数の食品を製造する水産加工業や製粉業向けに、連産品(注1)や副産物を管理できる機能などを新たに追加しています。

富士通と富士通マーケティングは、「GLOVIA smart FoodCORE」の提供をとおして、中堅・中小の食品製造業のお客様をトータルに支援していきます。

背景

日本国内では、食品製造業における食品廃棄物の発生量は、年間約1,594万トン(注2)に上ると推計されており、食品製造業にとって、食品廃棄物の発生を減らしていくことが重要な課題になっています。また、国連で採択され、政府も推進するSDGs(注3)においても、食品ロスの削減が目標に掲げられており、社会的にも効率的な生産管理が求められています。

食品廃棄物の大量発生は、原材料の過剰在庫による賞味期限切れが原因のひとつとなっており、特に中堅の食品製造業では、表計算ソフトや紙で簡易的に情報を管理し、担当者が経験値やベテランの勘で原材料の発注計画を立案している場合が多く、欠品を恐れる不安から過度な発注を招く傾向にあります。

そこで富士通は、このたび、製造する食品に応じたきめ細かい生産管理を実現し、最適な原材料の発注計画立案を支援するソリューションを開発しました。

食品製造業の基幹システムの多くは、製造する食品や会社ごとに生産や販売の方法が異なるため、個別開発を伴いますが、「GLOVIA smart FoodCORE」は、食品製造業全般の業務に対応した機能が標準搭載されており、アプリケーションのインストールとデータ移行のみで構築できるため、約1か月の導入期間で利用できます。また、導入費用についても、個別開発した場合と比較して抑えることができるため、中堅・中小の企業のお客様に最適です。

図1.「GLOVIA smart FoodCORE」 サービス体系
図1.「GLOVIA smart FoodCORE」 サービス体系
拡大イメージ

「GLOVIA smart FoodCORE」の主な強化ポイント

  1. 日配業向けの出荷便に対応した生産計画管理機能

    惣菜や弁当、パンや生菓子など毎日店舗に配送される食品を製造する日配業では、出荷の時間帯に合わせて、これらの食品を一日に複数回にわたり、スーパーやコンビニエンスストアに出荷しています。「GLOVIA smart FoodCORE」は、出荷便に合わせて一日複数回の生産計画が管理できる機能を提供します。これにより、お弁当の受注状況と出荷時間に応じた緻密な生産計画が可能になり、欠品の防止と、最適な原材料発注計画による食品ロスの削減を実現します。

  2. 精穀・製粉業、水産加工業向けの副産物・連産品管理機能

    精穀・製粉業では、小麦から小麦粉を製造する際に副産物としてふすまが発生します。また、水産加工業では、イカを解体すると、連産品としてイカゲソや、イカスミ、内蔵、イカロール(胴体)などの複数の原材料が生成されます。「GLOVIA smart FoodCORE」は、このような副産物と連産品の管理機能を標準で提供しており、食材を無駄なく活用し、需要に合わせてタイムリーに最適な数量を製造することが可能になります。また、副産物や連産品を考慮した原価計算も行えるため、利益の向上につながる改善施策を立案できます。

    図2.「連産品マスタメンテ」画面
    図2.「連産品マスタメンテ」画面
    拡大イメージ

    連産品マスタには、一つの粗原料から発生する原料の登録と原価計算用の原価係数を登録します。

  3. 商品の製造実績に紐づいた品質管理機能

    商品の品質検査記録情報は、一般的に紙や、生産管理システムとは別システムで管理されており、参照などの利便性に課題がありました。「GLOVIA smart FoodCORE」では、商品ロットごとの品質検査記録情報を製造実績と紐づけて同一システムで管理ができ、万が一、出荷後の自社製品に異物が混入しているなどの問題が発生した場合にも品質検査記録情報を瞬時に確認可能です。

販売価格、および提供時期

販売価格、および提供時期
製品名 価格(税別) 提供時期
「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart FoodCORE」
(生産管理)
550万円より 3月14日より
「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart FoodCORE」
(販売管理)
550万円より
「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart FoodCORE」
(生産管理および販売管理のセット)
750万円より

販売目標

今後3年間で約40社(当社の決算期は3月末日です。)

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

注釈

注1 連産品:
1つの原料を解体して生産された複数の原料のこと。
注2 年間約1,594万トン:
農林水産省統計部の発表資料「食品ロスの削減に向けて~食べものに、もったいないを、もういちど。~(平成25年度実績)」によると、2013年の日本における食品製造業の食品ロスは年間約1,594万トンと推計。
注3 SDGs:
2015年に国連で採択された持続可能な開発目標のこと。富士通グループでは環境行動計画において、「ICTサービスによる持続可能な社会への貢献」を目標に掲げ、お客様や、その先にあるお客様・社会の課題解決に貢献することを目指している。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)
電話 0120-933-200
受付時間: 9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。