このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をサポート

PRESS RELEASE

2015年2月19日
富士通株式会社

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をサポート

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ゴールドパートナーに決定

当社は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下東京2020)との間で、東京2020スポンサーシッププログラムの中で最高位の「ゴールドパートナー」の契約を締結しました。

オリンピック・パラリンピックは世界中の人・情報・インフラが密に交わり、大きなイノベーションを起こす場です。まさに富士通が掲げる顧客価値・社会価値を実現する「ヒューマンセントリック・イノベーション」と合致するものであり、安全で、確実な大会運営の実現に向けて、富士通のデータセンター技術による、サービス提供に寄与していきます。

さらに、東京2020に向けて、本日付けで「東京オリンピック・パラリンピック推進本部」を新設しました。6年間に渡る大会運営をサポートするだけではなく、当社製品を用いて大会に関連したビジネスに、各界のパートナー企業の皆様と連携し取り組んでいきます。

富士通は過去のオリンピック・パラリンピックを含め多くのスポーツ選手を輩出してきました。東京2020に向けて、引き続き選手育成に貢献するとともに、「データセンターパートナー(注1)」として、ICT技術を通じて新たな感動の提供に取り組んでいきます。

以上

注釈

注1 データセンターパートナー:
富士通は、データセンターにて、競技運営に必要なアプリケーションやデータを扱うためのサーバ、ストレージやサービスなどを提供することで、大会運営をサポートします。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ

富士通コンタクトライン
電話 0120-933-200
受付時間: 9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。