このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 世界初、最新仕様「Table Linkbase」に対応したXBRLソフトウェア「Interstage XWand V13」をグローバルに販売開始

PRESS RELEASE (プラットフォーム)

2013年4月16日
富士通株式会社

世界初、最新仕様「Table Linkbase」に対応したXBRLソフトウェア
「Interstage XWand V13」をグローバルに販売開始

当社は、企業が財務情報を作成、流通、利用するために標準化された言語“XBRL(eXtensible Business Reporting Language)”に対応したソフトウェアの最新版「FUJITSU Software Interstage XWand(フジツウ ソフトウェア インターステージ エックスワンド)V13」を、本日よりグローバルに販売開始します。

新製品は、最新仕様「Table Linkbase(注1)」に世界で初めて対応(当社調べ)しています。これにより、プログラミングすることなくXBRLデータのテーブル形式への変換や入力フォームの自動生成ができるため、XBRLデータ表示・編集アプリケーションの開発コストを大幅に削減できます。また、大規模化が進むXBRLデータの読み込み・検証において、当社従来製品と比べ最大60%のメモリ削減と最大300倍(注2)の高速化を実現します。さらに、世界共通の提出者向けルールである「Global Filing Manual(注3)」の自動検証機能の提供により、高品質のXBRLデータの作成に貢献します。

当社の「Interstage XWand」シリーズは、技術・性能・標準準拠性の高さから、これまでにスペイン中央銀行、米国証券取引委員会、金融庁のEDINET(注4)システム、東京証券取引所のTDnet(注5)システムをはじめ世界34ヵ国、100を超える機関や企業で採用されており、グローバルでトップシェア(当社調べ)を誇っています。また当社は、国際標準化団体XBRLコンソーシアムに参加し、仕様策定に積極的に取り組んでおり、新しい仕様を世界に先駆けて製品として提供しています。

当社は、4月16日(火曜日)から18日(木曜日)までアイルランド・ダブリンで開催される「第26回XBRL国際大会」において「Interstage XWand V13」を出展しています。

XBRLは、日本の金融庁や東京証券取引所、米国証券取引委員会での採用に続き、来年からは欧州全域の監督機関でも義務化が予定されるなど、様々な国の監督機関や証券取引所で利用されています。XBRLの利便性をさらに高めるため、現在でも仕様改版や新たな仕様策定が進んでおり、欧州では新仕様「Table Linkbase」の採用が予定されています。また、近年では明細レベルのデータを収集・監督する必要性が高まっており、大規模化するXBRLデータに対する検証処理の高速化が求められています。

当社は、大規模データ処理に必要な省メモリ・高速処理など、最新の仕様に対応した製品をいち早く提供し、提出者、公的機関など利用者全体の利便性向上に貢献してまいります。

本製品の特長

  1. 最新仕様「Table Linkbase」への対応により、プログラムレスでXBRLデータの表示・編集を実現

    これまで、XBRLデータを実際のレポートと同様のテーブル形式で表示・編集するためには、プログラムを作成する必要がありましたが、近年、多次元データをXBRL形式で利用するケースが増えており、ますますプログラムが複雑化しています。

    本製品は、最新仕様である「Table Linkbase」に世界で初めて対応します。「Table Linkbase」仕様に基づいてテーブル構造を定義することで、プログラムレスでXBRLデータをテーブル形式に変換することができるため、アプリケーションを容易に開発できます。また、従来はMicrosoft Excel形式のXBRL入力フォームの作成にはツールによるマッピング定義が必要でしたが、この作業をすることなく自動で入力フォームを生成することができます。

  2. 大規模化するXBRLデータを省メモリで高速に検証

    収集対象のXBRLデータがこれまでの集約後のデータから明細レベルのデータまで範囲が広がりつつあります。これまでに比べ飛躍的にデータ容量が大きくなるため、大量のメモリを消費したり、検証処理に時間を要したりと、運用に影響が出始めています。

    本製品では、大規模XBRLデータの読み込み、Formula仕様(注6)による検証で必要とされるメモリ消費を最大60%(当社従来製品比)削減しています。さらに、独自の高速化アルゴリズムの採用および並列処理のサポートにより、検証処理をこれまでの最大300倍(当社従来製品比)にまで高速化します。これにより、大規模XBRLデータの高速な検証を可能とし、高品質な明細レベルのデータの収集を実現します。

  3. 世界共通の提出者向けルール「Global Filing Manual」に従った検証をサポート

    XBRLデータの提出者が守るべき世界共通のルール「Global Filing Manual」は、すでに金融庁の次世代EDINETシステムでの採用が決定しているほか、世界各国での義務化が想定されています。

    「Global Filing Manual」には200を超えるルールが定義されていますが、本製品では、このうち約120のルールについて自動検証するための機能を提供します。APIの利用により、XBRLデータ受付時の検証や、アプリケーションでの検証を容易に実現できます。また、「Interstage XWand Toolkit」のXBRLツールでの検証もサポートしており、自動検証に対応した項目について、エラー箇所を画面やレポートで確認することができます。

標準価格、および出荷時期

標準価格、および出荷時期
製品名 標準価格(税別) 出荷時期
実行環境用ソフトウェア
「FUJITSU Software Interstage XWand Runtime V13」
(プロセッサライセンスまたはユーザーライセンス)
300万円(20ユーザー)より 2013年7月より順次
開発用ソフトウェア
「FUJITSU Software Interstage XWand Application Developer V13」
(ユーザーライセンス)
50万円より
XBRLツールキット
「FUJITSU Software Interstage XWand Toolkit V13」
(ユーザーライセンス)
30万円より

・プロセッサライセンスは、マルチコアプロセッサの場合、コアの総数×特定の係数分のライセンスが必要です。

動作環境

動作環境
製品名 動作OS クラウド
FUJITSU Software Interstage XWand
Runtime V13
Microsoft Windows Server 2012
Microsoft Windows Server 2008
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 5
Oracle Solaris 11
Windows 8
Windows 7
Windows Vista
Fujitsu Global Cloud Platform FGCP/S5
FUJITSU Software Interstage XWand
Application Developer V13
Windows 8
Windows 7
Windows Vista
-
FUJITSU Software Interstage XWand
Toolkit V13
Windows 8
Windows 7
Windows Vista
-

商標について

記載されている商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

注釈

注1 Table Linkbase(テーブル リンクベース):
XBRLデータの表示・編集のためのテーブル構造を定義する言語仕様。
注2 最大300倍:
1GBのXBRLインスタンスに対してシングルスレッドでFormula(注6)検証を実施し、最大300倍の性能向上を計測。
注3 Global Filing Manual(グローバル ファイリング マニュアル):
これまで国別に定義されていた提出対象のXBRLデータが守るべきルールについて、各国で共通に使用できるルールをまとめたもの。
注4 EDINET(エディネット):
Electronic Disclosure for Investors' NETwork。金融商品取引法に基づく開示書類の電子開示システムで、提出された有価証券報告書などの開示書類をインターネット上においても閲覧できる。
注5 TDnet(ティーディーネット):
Timely Disclosure network(適時開示情報伝達システム)。全国の上場会社などの適時開示情報を一元的に集め、投資者をはじめとした利用者に対してリアルタイム配信するサービス。
注6 Formula(フォーミュラ)仕様:
XBRLデータの内容の検証や計算を行うためのルールを定義する言語仕様。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ

富士通コンタクトライン
電話 0120-933-200
受付時間: 9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。