FUJITSU
Worldwide|サイトマップ
THE POSSIBILITIES ARE INFINITE
Japan
元のページへ戻る本件に関するお問い合わせ先
[ PRESS RELEASE ](製品・サービス)
2003-0147
2003年7月31日
富士通株式会社
株式会社ディーテレビ
会員の嗜好に合わせた音声・動画番組リストの配信と連続再生サービスの提供を可能に

インターネット番組表配信システム「Contents DELi」新発売


富士通株式会社(以下、富士通)と株式会社ディーテレビ(*1)(以下、ディーテレビ)は、インターネットサービス事業者(ISP)向けに、会員に対しインターネットの音声・動画コンテンツの連続視聴用プログラムガイド(番組表)を生成・配信する、番組表配信システム「Contents DELi(コンテンツ デリ)」を、7月31日から販売開始します。
本製品を導入したISPは、会員の嗜好に合わせた音声・動画番組リストの配信および連続再生サービスの提供を実現することが可能になります。

「Contents DELi」は、会員が映画、音楽、ニュースなど好みのカテゴリーを予め登録することで、一人ひとりの嗜好に合わせた、インターネットコンテンツの連続視聴用番組表を作成し、HTMLメールで配信するものです。

会員は、HTMLメールの中の再生ボタンをクリックするだけで、番組表上のコンテンツを自動で連続再生し、「ながら視聴(*2)」をおこなうことが可能となります。具体的には、例えば、朝の出社前の慌ただしい時でも、メールをワンクリックするだけで、自動的にニュースや天気予報、ビジネスに関する番組に加え、生活、エンターテインメントに関する番組などを効率的に視聴することが可能になります。


Contents DELi(コンテンツ デリ)

富士通は、本製品の販売およびシステム・インテグレーション(SI)をおこない、ディーテレビは、本サービスのシステム開発、基本コンテンツおよびオーダーメイドコンテンツなどの制作をおこないます。

ディーテレビが毎日約10万会員へ配信している番組表配信サービスの基本ソフトウェアを、富士通のインターネットサービス分野でのシステム導入経験から得たノウハウを用いたSIにより導入することで、ISPは、より魅力的なコンテンツアクセスサービスを、低価格で提供することが可能となります。

本サービスは、インターネットを新たなインフラとして活用することで、ライフスタイルの革新を実現するものです。電力系ISPを中心に拡販していく予定です。

【販売価格および出荷時期】

製品名販売価格(税別)出荷時期
「Contents DELi (V01L01)」600万円より7月31日より
※販売価格はSI費用を含んでいません。

【販売目標】

2005年度末までに売上2億円(SI費用などは含まず) ※当社の決算期は3月末日です。

【本製品の特長】

  1. ながら視聴を可能とする番組表機能

    各コンテンツにアクセスするスクリプトをサーバで生成し、それを組み込んだ番組表を会員にHTMLメールとして配信します。番組表は、コンテンツにアクセスするためのエージェントとして動作し、再生ボタンをクリックするだけで、映画の予告編や音楽情報、ニュースなどのコンテンツが連続再生します。また、会員は自分が好むコンテンツのみを選択して連続再生することも可能です。テレビやラジオのように新聞や雑誌を見ながら、または家事をしながらインターネットのコンテンツを楽しむことができるようになります。

  2. 関連ページの自動表示機能

    自動表示機能は、アクセスしようとしているストリーミングサーバに関連したWEBページや広告用のページを自動的に表示させます。ストリーミングコンテンツだけではなく、既存のインターネットコンテンツと連動させることにより、ショッピングやアンケートといった双方向のサービス利用にも適用することが可能です。

  3. 視聴情報の収集を低コストで実現

    ISP側では、番組表で選択されたコンテンツ情報を自動収集することにより、会員の視聴動向を確認することができます。会員の過去の視聴動向に基づき最適化された番組表を作成することで、会員ごとに、より魅力的なプログラムの提案、より効果的な広告配信が可能となり、個人の嗜好に合わせた番組表を低コストで作成することが可能となります。

【動作条件】

[サーバ]
Red Hat Linux 7.2 以上
[クライアント]
Microsoft® Windows® Media Player が動作するPC/AT互換機

【株式会社ディーテレビについて】

設立平成12年6月2日
資本金1億7952万円
代表取締役社長松原充久
(*1)
本社:愛知県名古屋市、社長:松原充久 ブロードバンド・ネットワークを利用したデジタルコンテンツの制作・配信とマーケティング・リサーチ業務およびインターネットナビゲーションサービス提供などのインターネット放送事業をおこなっています。
(*2)
ながら視聴:テレビやラジオのように新聞や雑誌を見ながら、または家事をしながらコンテンツを視聴すること。

以上

元のページへ戻る ページの先頭へ

関連リンク

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。ご不明な場合は、富士通お客様総合センターにお問い合わせください。


All Right Reserved, Copyright (C) FUJITSU