このページの本文へ移動

富士通の強み

セグメント別で見た強み

テクノロジーソリューション/サービス

明石システムセンター新棟
明石システムセンター新棟

ITシステムのコンサルティング、設計、アプリケーション開発、実装などのインテグレーションを行うソリューション/SI、ICTシステムをデータセンターなどでお預かりし、お客様に代わって一括運用管理を行うアウトソーシングや保守サービスを中心とするインフラサービスを展開しています。

富士通のサービスビジネスは、国内No.1、グローバルNo.4のシェアを持ち、欧州、米州、アジア、オセアニアまで幅広い国・地域でサービスを展開しています。

特にアウトソーシング分野では、日本、欧州を中心に、世界16カ国、約100拠点にデータセンターを配し、IaaS、PaaS、SaaS等のクラウドサービスをはじめ、お客様のICTに掛かる運用負担の軽減や環境対応等、様々なニーズに応えるサービスを提供しています。

当社が強みとする、グローバルなサービス体制や、大規模、かつ先進的なシステムを構築してきた豊富な実績、そしてそれらを支える高い技術力を持った豊富なSEリソースは、各国政府系のシステムや、グローバルに拠点を持つお客様のシステム等、国・地域・言語を超えて様々なお客様のICT利活用を支えています。

2013年国内 ITサービス市場シェア(金額ベース):富士通 12.8%(1位)

(出典:Gartner, "Market Share: IT Services, 2013" 31 March 2014)
* ガートナーのデータを基に富士通にて作成

2013年世界 ITサービス市場シェア(金額ベース):富士通 2.3%(4位)

(出典:Gartner, "Market Share: IT Services, 2013" 31 March 2014)
* ガートナーのデータを基に富士通にて作成

※ ここに述べられたガートナーのレポートは、ガートナーのシンジケート購読サービスの一部として顧客向けに発行されたデータ、リサーチ・オピニオンもしくは視点を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーの各レポートは、レポート発行時点における見解であり、この企業レポート発行時点のものではありません。また、ガートナーのレポートで述べられた意見は、事前の予告なしに変更されることがあります。

テクノロジーソリューション/システムプラットフォーム

FUJITSU Integrated System HA Database Ready SX2
大容量データベースに対応した大規模モデル「FUJITSU Integrated System HA Database Ready SX2」

ICTの基盤となるシステムプロダクトとネットワークプロダクトで構成されています。システムプロダクトは主に、ICTシステムを構築するサーバ(メインフレーム、UNIX、PCサーバなど)やストレージシステム、ミドルウェアなど、ネットワークプロダクトは、通信インフラを支える携帯電話基地局や光伝送システムなどが含まれています。

システムプロダクトは、世界でも数少ない自社製CPUを搭載した企業の基幹システムを支える高性能・高信頼のメインフレーム、UNIXサーバに加え、クラウドコンピューティングなどさらなる市場の拡大が期待されるPCサーバ、さらに今後も増え続ける大容量のデータを蓄積するストレージシステムなど、お客様のニーズに合わせた製品をグローバルに展開しています。

ネットワークプロダクトは、当社の高い技術力、サポート力を背景に、国内通信キャリア向け光伝送システム、携帯電話基地局で高いシェアを持っています。また、競争が激しい北米市場でも、当社の高い技術力、実績などが評価され、光伝送システムで高いシェアを持っています。

2013年国内 サーバ市場シェア(金額ベース):富士通 20.6%(1位)

(出典:IDC Japan, Japan Server Quarterly Model Analysis, 2014 Q1)
* IDCではベンダー出荷実績の差が1%未満の場合、タイ(同位)として扱います。

2013年北米 トータル光ネットワーキング市場シェア(金額ベース):富士通 22.3%(1位)

(出典:Ovum, Market Share Spreadsheet & Analysis: 1Q14 Global ON, May 2014)

ユビキタスソリューション

パソコン、携帯電話、モバイルウェアで構成されています。パソコンは省電力性やセキュリティなどの機能を強化したデスクトップやノートパソコン、防水防塵対応のタブレット端末などのラインナップを提供しています。携帯電話は、スマートフォン「ARROWS」、フィーチャーフォン「らくらくホン」、タブレット端末「ARROWS Tab」などのブランドで展開しています。モバイルウェアは、スマートフォンと連携したカーナビをはじめ「ツナガル」製品で多様なニーズにお応えします。

パソコンは、高品質・高性能な製品をいち早くお客様の元へお届けします。国内向けのノートブックパソコンは島根富士通、デスクトップパソコンは富士通アイソテックにおいて基板から一貫体制をとっており、また、海外は欧州向けを中心にFujitsu Technology Solutions( Holding) B.V.において組立・カスタムメイドしています。タブレット端末はハイスペックかつ防水防塵にも対応しながら、コンバーチブル型、ハイブリッド型など充実のラインナップで展開しています。携帯電話では電池持ちや文字入力を強化したハイエンド・スマートフォンや、見やすさ・聞きやすさ・使いやすさを追求した「らくらくホン」シリーズ等、当社技術を結集した高品質のモバイル機器を開発・製造しています。モバイルウェアは、長年培った車載技術を活かし、カーナビゲーションをはじめ自動車用電子機器などにより、安心・安全で快適なカーライフを提供しています。

FMV ESPRIMO WH77/M タッチしやすいカタチに楽に変形できる、デスクトップパソコン「FMV ESPRIMO WH77/M」

らくらくスマートフォン3 F-06F 使いやすく、洗練された新デザイン。家族や仲間ともっとつながる。「らくらくスマートフォン3 F-06F」

2013年国内 パソコン市場シェア(台数ベース):富士通 18.7%(2位)

(出典:Gartner,“Quarterly Statistics:Personal Computers by Major Market, Worldwide by Region, 4Q13 Update” 3 February 2014)
* ガートナーのデータを基に富士通にて作成

2013年国内 携帯電話市場シェア(台数ベース):富士通 9.3%(4位)

(出典:IDC, Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker, 2014Q1)

デバイスソリューション

MB86R24
車載向け高性能グラフィックスSoCの第3世代品「MB86R24」

デバイスソリューションは、LSI事業と電子部品事業で構成されています。当社グループの半導体事業会社である富士通セミコンダクターがデジタル家電や自動車、携帯電話、サーバなどに搭載されるLSIを提供しています。現在、半導体事業は構造改革を行い、人員削減や事業の再編を行っています。また、上場連結子会社である、新光電気工業、富士通コンポーネント、FDKなどが半導体パッケージをはじめとする電子部品のほか、電池、リレー、コネクタなどの機構部品を提供しています。

富士通のLSI事業は、「モバイル」「自動車」「映像機器」「ハイパフォーマンス(産業機器)」の4分野を注力分野とし、お客様の多様なニーズに対し高信頼かつ最適なソリューションを提供しています。画像、無線、セキュリティ分野などを中心に幅広いアプリケーションで実績を誇る一方、低消費電力化を推し進め、環境課題にも重点的に取り組んでいます。国内はもとより米州、欧州、アジア地域で開発や技術サポートおよび販売の拠点を持ち、グローバルに活動しています。